院内感染予防対策

現在、感染予防対策の基本的な考え方は、世界的なHIVの蔓延や国内における血液製剤による肝炎(B型C型)の多発を踏まえてのユニバーサルプレコーションと呼ばれるものになっています。

そのために全ての患者ごとにグローブは交換し、基本的機器についてはオートクレーブという蒸気滅菌器による消毒を行っております。それ以外の機器は全て、乾熱滅菌器およびアルコールによる消毒を行っています。これらにより一般細菌、MRSA、結核菌、真菌などのほとんどの感染予防が出来ます。

(感染予防対策と滅菌・消毒・洗浄ICHG研究会編 医歯薬出版より)

しかしながら肝炎ウイルスの血液だけはこれらだけでは不十分なため、機器・ユニット全てをラッピングしフタラールという消毒薬で消毒後、ガス滅菌を24時間おこなっております。そのため肝炎およびその疑いがある方は大変ご面倒ではありますが、事前にお申し出ください。これらの肝炎ウイルスは唾液からの感染力は極めて弱いので基本的には心配は無いのですが、歯科治療においては歯肉からの出血などがあるため万全の対策を採らせていただいております。

 

大月デンタルケアでは感染予防のため、グローブ、マスク、紙コップ、紙エプロンは完全ディスポーザブル製品を使用しております。

 

患者様1人ひとりを大切にする “思いやり”のグローバルスタンダード

クリーニングに使うカップやチップをはじめとする器具のディスポ化は、個人の権利を尊重するヨーロッパやアメリカでは当たり前に行われている「グローバルスタンダード」です。

大月デンタルケアも衛生士がクリーニングで使う器具も患者様毎に交換し衛生管理の徹底を行っております。今までは洗浄→滅菌して使用していた器具も以下の器具はディスポーザブルになりましたので安心してクリーニングをしていただくことが出来るかと思います。

(詳細はオーラルケアホームページhttp://www.oralcare.co.jpを参照して下さい。)

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480