小児歯科について


当院では、口腔内のむし歯菌を培養し、お子さんのむし歯菌の量を知ることで、むし歯のリスクを知ることができます。その上で、むし歯菌をコントロールする指導や、毎日のブラッシング指導・食事内容に至るまで、どのようにむし歯を予防できるかのポイントをお話しています。

そして、毎日のブラッシングだけでは、どうしても苦手な部分が出てきてしまいます。それを定期的に観察し、磨き残しのあった部分をデーターとしてのこし、また、歯が生え変わったら写真をとり、口の中の変化を追うことができます。

また、お子さんだけではむし歯を予防することは不可能なのです。まずはご家族、特にお子さんと接触の多いお母様がたいせつです。それは、むし歯菌が唾液を通じて移ることから、一番離乳食などを含めて、一番接触を持つからです。それを考えると、まずはお母様がむし歯等を治し、むし歯菌の量を知り、どのように移さないようにできるかを考えていくことが重要になります。また、お母様だけでなく家族全員でそのお子さんの将来むし歯を防げるかどうかが変わってくるため、全員で予防することが必要になってくるのです。

離乳食の時期を過ぎてしまったから、手遅れという訳ではありません。それは、お子さんの年齢によって、どのようにむし歯菌をコントロールできるかをお話することができます。

当院は、今後より一層小児予防に重点を置き、赤ちゃんがおなかにいるうちのマタニティー期・生まれてからのベビー期・子育て期と3つに分けて、お話しする内容を充実させていこうと考えております。今後、その患者さんセミナーを順次行っていこうと思っております。以前、夏休みのお子さん向けのセミナーを実施しましたが、今後も予定しておりますので、ぜひご参加ください。

ページのトップへ

むし歯のない永久歯は親から子への最高のプレゼント


当院は、子供の歯も、「むし歯ができるのを待って削ってつめる」という従来型の歯科治療に疑問を感じていますが、現実にはむし歯ができてからでないとお子さんをお連れにならないお母様が多いのは残念なことです。当院の問題としてもなかなか予約が取りづらかったりなどこちらの責任もあるのですが、何とかしなければいけない問題です。前述したように、予防はできるのですから、なんとか定期的なメインテナンスにおいでになるようお勧めします。むし歯のない永久歯列を子供にプレゼントできれば、これは子供へのなによりのおくりものです。

また、子供を力で押さえつけるような無理な治療は子供の心に歯科恐怖症という深刻な心的トラウマを残す可能性があるため例外的な場合を除いておこないません。しかしこのためにも、むし歯は小さいうちにつれてきてください。小さいむし歯は90%以上麻酔なしで、痛くなく治療できます。そして定期的に歯科衛生士さんと仲良くブラッシングしてください。歯科医師が一切治療せず、歯科衛生士が子供とかかわるのみでむし歯を制圧するのが最善です。

中学校くらいまで永久歯のむし歯を一本もない状態にできれば、一生歯を失わない可能性が格段にあがります。一度削った歯の寿命は約50年といわれていることを覚えておいてください。6歳で永久歯に傷を付ければ中年期には抜けてしまうということなのです。また、下の図をご覧ください。むし歯になりやすいのは圧倒的に子供の頃で、この頃一度歯を削ってしまうと、後は何度も歯医者でやり直し削り直しとなってしまうのです。子供の頃の予防がきわめて重要であることがわかります。また、この図からは子供のことではありませんが老人になると再びむし歯になりやすくなることがわかります。

ページのトップへ

小児歯科の実際

1.始めはこわがって治療できない子供がほとんど。

まずは衛生士さんがトレーニングをします。これはハブラシをもってもらったり、エアーやバキュームの練習のみです。ほとんどのお子さんが1回から多くても2回で治療できるようになります。

2.次にハブラシの指導。

お母さんによる仕上げ磨きのチェック。これがとても大切。

3.そろそろ慣れてきたら男の先生が治療。

今は、機械も進歩してきましたので90%以上のむし歯は麻酔の注射もしませんし、ほとんど痛くありません。10分もあれば治療は終わってしまいます。

4.定期管理。

これが最も重要です。3~6ヶ月に1回必ずおいでください。ブラッシング指導(母親も含めて)、プロによるクリーニング、歯の表面の薄膜(バイオフィルム)除去後にフッ素塗布。などです。これらの処置によって口腔内のむし歯菌を減少させ、そのきれいな口腔内に永久歯が萌出できるようにすべきです。それによって永久歯がむし歯になる確立を大きく下げられます。また永久歯は萌出した直後がもっとも柔らかくむし歯になりやすいですが、同時にフッ素も良く滲みこみます。これらだけで圧倒的にむし歯を減らせるというのが現実です。

5.むし歯のなりやすさは人それぞれ全く違います。

むし歯は複合した要因で起こります。このむし歯を引き起こす要因が、この子供にとっては何なのかを調べるために、むし歯菌の培養を行うことをお勧めします。この子供のむし歯の原因はブラッシングなのか、細菌なのか、唾液の問題なのか、フッ素の不足なのか、親の努力不足なのか、これらをまずしっかりと認識することから効果 的な予防対策が組まれます。 下の図はむし歯に対する個々のリスクプログラムです。唾液、緩衝能力、細菌数、食事回数、食事内容、フッ素の常用の有無などがバロメーターになっています。

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480