セレック

診療メニュー

インプラント セレック 矯正歯科 専門医ご紹介

メールサービスのご案内

地図・診療時間


 
大月デンタルケア

セレック~1日で終了するセラミックの治療~

セレック~1日で終了するセラミックの治療~

セレックシステムは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。(型採りが必要な場合もあります)

 

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的です。現在当院が導入しているセレックACは、口腔内の形態をコンピューターに取り込み、プログラム上で設計し、その設計通りにミリングマシーン(削り出し機械)がセラミックのブロックを削り、出来上がったものを歯科技工士と歯科医師が仕上げるという新しい技法です。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約2時間と非常にスピーディーです。

 

また、従来の型採りが必要な場合は神経を取る必要性があった歯もセレック治療であれば神経を残せる可能性があります。

 

セレック~1日で終了するセラミックの治療~

※セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction
 (セラミック修復)のことです。

ページのトップへ

~セレック治療の流れ~

STEP1 古い詰め物・被せ物の除去・虫歯(う蝕)部分の除去

古い詰め物・被せ物の除去・虫歯(う蝕)部分の除去

それまで使用していた詰め物や被せ物を取り除き、虫歯がある場合は、その個所を削ります。

矢印

STEP2 形成

形成

セレックの詰め物・被せ物が合うように、歯の形を整えます。

矢印

STEP3 光学印象

光学印象

専用の光学カメラで歯の型を撮影します。従来のような型採りは行いません。

矢印

STEP4 設計

設計

光学印象で得た情報をもとに、コンピューター上で補綴物の形を設計します。

矢印

STEP5 削り出し

削り出し

コンピューターで設計した情報をもとに、専用の削り出し機械がセラミックブロックを補綴物の形に削り出します。

矢印

STEP6 試適

出来上がった補綴物をお口の中にあて、微調整します。

矢印

STEP7 接着・研磨

噛み合わせに問題がないようであれば、専用の接着剤で補綴物を固定し、綺麗に磨きあげます。
銀歯の場合は(粉・液)セメント合着(接着が不十分です)
セレックの場合はレジンセメント接着(光で固めていきます)

矢印

STEP8 咬合調整

噛み合わせの状態を調べます。必要があれば補綴物を削って調整します。

矢印

STEP9 完成

完成

完成です。天然歯とも見分けがつかないくらいきれいになりました。

ページのトップへ

比較症例写真

比較症例写真

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480